aga 育毛剤

“agaを原因とした薄毛に悩まされているならば、一般的な育毛剤では薄毛を防げません。最初からagaの原因を抑え込む育毛剤を選択して使用すれば、望んだ育毛効果を手に入れられます。では、なぜaga専用の育毛剤が必要なのでしょうか。

■agaの原因を知れば選ぶべき育毛剤の種類が分かります
agaによる薄毛は、男性ホルモンとして知られる体内のテストロゲンと5αリダクターゼが結合し、DHTと略されるジヒドロテストステロンという成分に変化することで発症に至ります。DHTを頭皮付近で作らせないようにすればagaによる薄毛を防げるので、5αリダクターゼを抑制する成分を配合した育毛剤こそがagaに効く育毛剤となるわけです。補助的な成分として、保湿効果や脂質抑制成分が入っていることも重要ですが、少なくともDHTの生成を阻害する成分を含んだ育毛剤を選ばなければ意味がありません。

■DHT抑制成分が多い育毛剤を選ぶ
DHT抑制成分として多く配合されるaga対策用育毛剤は、5αリダクターゼを抑止する成分が多く含まれています。オウゴンエキス・チョウジエキス・ヒオウギエキス・ビワ葉エキスといった天然成分だけでなく、医薬品としてフィナステリドもDHT抑制成分です。aga対策用育毛剤にこれらのDHT抑制成分がどのくらい配合されているのか、じっくり比較した上で選べばagaに効き目がある育毛剤となります。

■医薬品指定されているaga対応育毛剤は副作用に注意しよう
フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルといった成分は、発毛医薬品として処方されている成分です。本来はaga対策用の育毛剤というよりも発毛剤としての成分が含まれていることになりますが、aga治療でよく使われている育毛剤に配合されています。育毛剤としての効果が高い反面、副作用に警戒しなければなりません。例えば、ミノキシジルの副作用には頭皮の痒みが挙げられますが、中にはむくみや胸の痛みを訴える人もいます。agaに効く育毛剤を選ぶ時には、副作用を知った上で慎重に利用することが大切です。”